• シリア・アレッポのおよそ4年半の変化(画像)

シリア軍が、最近北部アレッポを完全に掌握しましたが、およそ4年半に渡る反体制派の占領の後、アレッポの様子は完全に変わってしまいました。

アレッポからの写真は、東部地区の建物の多くが全壊、あるいは大きく破損しています。

多くの建物は住人が存在せず、建物の破壊による難民が多くの通りで見られます。

反体制派とその家族の安全な移送は、アレッポの停戦合意のあとから始まりました。

アレッポの一部は、4年前以上から、反体制派によって占領され、この町は東部と西部に分かれ、東部は反体制派が、西部はシリア軍が掌握していました。

アレッポ東部は7月17日から政府軍によって包囲され、この地域の解放作戦は、9月22日から開始しました。

シリア軍は作戦の中で、ロシア軍の戦闘機の空からの支援を受けていました。

2016年12月18日20時37分
コメント