2017年01月03日18時44分
  • アメリカ主導有志連合軍、「シリアとイラクで民間人が犠牲に」

アメリカ軍が声明を発表し、イラクとシリアにおいてアメリカ主導の有志連合軍の攻撃より、少なくとも188人の民間人が犠牲となっている事実を認めました。

ファールス通信によりますと、アメリカ軍は、イラクとシリアにおける2015年の攻撃1件と、2016年における4件の攻撃による、民間人の殺害を調査中であると主張しています。

有志連合軍は、2014年からテロとの戦いというスローガンにより、活動を開始しました。

イギリス・ロンドンに本拠地を置くNGOエアウォーズも、シリアとイラクでの有志連合軍の攻撃で、2000人以上の民間人が死亡したと発表しています。

アメリカ主導の有志連合軍は、民間人の殺害のみならず、テロ組織ISISに対する作戦で使用されるイラク軍の拠点をも、何度も爆撃しています。

アメリカ政府はこうした事例を、誤爆であると表明しています。

これ以前に、中東にあるアメリカ軍司令部は、有志連合軍の戦闘機がイラク北部の町モスルのある地区で、ISISのメンバーを乗せた車両1台を攻撃したものの、後になってこの地区が病院の駐車場だったことに気づき、結局これにより民間人の犠牲者を出したと発表しています。

タグ

コメント