イラクの治安部隊の作戦により、シリアで活動するテロリストを通じた、イラクにおけるテロ組織ISISへの支援が停止しました。

レバノン・アルマヤーディンテレビによりますと、イラク義勇軍の事務局長は、「イラク北部のタルアファル西部のシリアとの国境は完全に閉鎖され、ISISは両国の国境を通過することができない」としました。

また、シリアのテロリストを通じたイラクのISISへの支援ルートは全て断ち切られたとし、「ISISに対する最終的な勝利は近い」と強調しました。

イラク北部ニナワ州モスルをISISの占領から解放する作戦は、昨年10月17日から、イラクのアバディ首相の指示によって始まりました。

イラク軍は、モスル東部をISISの占領から解放しました。

モスル西部の解放作戦も、今年2月19日から始まっています。

イラク軍はこれまで、モスル西部の40%以上をテロリストの占領から解放しました。

2017年03月20日19時21分
コメント