• ユネスコ、「イスラエルは占領者」

ユネスコが、シオニスト政権イスラエルが、ガザ地区や聖地ベイトルモガッダス・エルサレムで国際法に違反していると非難し、聖地の歴史的なアイデンティティを尊重するよう求めました。

イルナー通信によりますと、ユネスコ執行委員会は2日火曜、決議を採択し、イスラエルを占領者と呼び、聖地でのトンネルの掘削継続などのプロジェクトを停止するよう求めました。

この決議は、聖地を占領する政権の誕生が宣言されてから69周年となった日に採択され、ユダヤの名前ではなく、イスラム教徒の最初のキブラ・礼拝の方向に関して、アルアクサーなどのイスラム名が用いられています。

この決議は、アルジェリア、エジプト、レバノン、モロッコ、オマーン、カタール、スーダンによって提出され、賛成22、反対10、棄権23で採択されました。

ユネスコは昨年にも、聖地ベイトルモガッダスの宗教施設とユダヤ教の関係に疑問を呈する決議を採択し、イスラエルの怒りを招きました。

イスラエルは、昨年のこの決議に反発し、ユネスコとの協力を停止しました。

シオニスト政権は、20世紀末から、アクサーモスクを破壊し、そこにソロモンの神殿を建設するためにさまざま計画を実施しています。

2017年05月03日19時07分
コメント