• シオニスト政権イスラエルが、ガザ地区でパレスチナ人の集団殺害を追求

シオニスト政権の新聞ハアレツが、「イスラエル内閣の課題に盛り込まれているのは、パレスチナ・ガザ地区で新たな犯罪を起こすことであり、それは事前に計画された集団殺害であり、これまで以上に残忍なものとなるだろう」と報じました。

イスラエル人の作家ギデオン・レヴィ氏は、ハアレツ紙に掲載された記事において、「イスラエルは、全面的な閉鎖により逃げ道もなく、防衛手段も持たないガザの人々を爆撃している」と語っています。

レヴィ氏はまた、「イスラエルは、ガザ地区で大量殺戮という大惨事を引き起こそうとしており、ガザ地区でのイスラエル軍の作戦は全て、それ以前の作戦よりも悲惨なものであることは、歴史上証明されている」と述べました。

この報告ではまた、2008年のシオニスト政権軍によるガザ攻撃で、子ども430人、女性111人を含むおよそ1300人のパレスチナ人が殺害されており、また2014年にも子ども366人、乳児180人、女性247人を含むおよそ2200人のパレスチナ人が殺害されていると述べられています。

レヴィ氏はさらに、「イスラエルのリーベルマン前戦争大臣は、今回のガザ地区でガザ地区は破壊されると主張していたが、これは主張に過ぎない。なぜなら、それはパレスチナイスラム抵抗運動ハマスを消滅することはあり得ないからだ」としました、。

シオニスト政権は、ガザ地区に対する2014年の50日間戦争で目的を達成できず、ガザ地区からの撤退を余儀なくされました。

2017年06月17日17時23分
コメント