イラクで、テロ組織ISISがイラク軍に敗北を喫したことを受け、この組織のメンバーが、同国のチグリス川の西岸で集団自殺しました。

レバノンのテレビが、これまでに見られない報道の中で、ISISのメンバーの集団自殺の映像をイラクから中継しました。

爆発物を携帯していたISISのテロリストは、チグリス川の西岸で、イラク軍に包囲され、イラク軍隊の間で自爆できないことを察知した後、こ異例の行動に出て、集団自殺しました。

また、別の報道によりますと、ISISは、イラク北部ニナワ州のタルアファルから逃走しようとしたこの組織の12人の指導者を処刑しました。

現在、タルアファルは、ニナワ州で、ISISに占領されている唯一の地域です。

イラクのアバディ首相は、今月10日、ISISに占領されていた同国北部の都市モスルの完全な解放を正式に宣言しました。

 

2017年07月16日18時26分
コメント