サウジアラビアの戦闘機が、イエメン西部を28回にわたり爆撃しました。

24日月曜未明からイエメン南西部タイズ州、北西部ハッジャ州に対するサウジアラビア軍の空爆が激化しています。

この攻撃で、イエメン西部の各地域では、住宅やインフラなどに被害が出ています。

一方、イエメンの状況視察を目的に、国連の代表団が24日、イエメン入りしました。

サウジアラビアは、イエメンのハーディ元大統領を政権に復帰させるため、アメリカの支援により2015年3月からイエメンを攻撃し全面的に封鎖しています。

2017年07月25日18時29分
コメント