国連人権高等弁務官事務所のシャムダサニ報道官が、ガザ地区の完全な封鎖解除を求めました。

アッシャルゴルオウサトによりますと、シャムダサニ報道官は、ガザ地区の人道状況の悪化に懸念を表明し、「国際法に照らし、シオニスト政権イスラエルは、パレスチナの占領軍としてガザ地区の住民の権利を守る責任がある」と表明しました。

また、「度重なる停電、飲料水や医療サービスの不足により、ガザの社会的に弱い立場にある人々の生活は危険に直面していると述べています。

シオニスト政権は、2006年以来、ガザ地区を封鎖し、同地区への燃料、医薬品、建築資材など生活必需品の搬送を阻止しています。

2017年08月12日17時19分
コメント