• イエメンのアルカイダ
    イエメンのアルカイダ

カタールが、サウジアラビアとアラブ首長国連邦がイエメンのテロ組織ISISやアルカイダのメンバーを支援していることを示す証拠を公開しました。

カタールのアルジャジーラテレビは、サウジアラビアやアラブ首長国連邦に関する国連の制裁委員会の専門家による新たな証拠を公表しており、この中では、この2ヶ国がイエメン南部のアルカイダなどのタクフィール派のテロ組織に資金を提供していることが示されています。

また、アメリカ・ワシントンにあるカタール大使館は、2016年10月、サウジアラビアのサルマン皇太子やアラブ首長国連邦のムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン皇太子が、イエメンのアルカイダやISISの一部の指導者を支援していることを示す文書を、カタールの外務大臣に提示しました。

サウジアラビア、エジプト、アラブ首長国連邦、バーレーンの4ヶ国は今年の6月5日、サウジアラビアが主導するアラブ諸国に同調しないとしてカタールを非難し、同国との外交を断絶しました。

 

 

2017年08月20日19時38分
コメント