• シオニスト政権が、パレスチナ人の子どもの身柄を拘束
    シオニスト政権が、パレスチナ人の子どもの身柄を拘束

複数の統計から、シオニスト政権イスラエルがパレスチナ・ヨルダン川西岸地域において、1ヶ月に約120人のパレスチナ人の子どもを拘束していることが明らかになりました。

イルナー通信によりますと、パレスチナ捕虜問題センターの関係者であるハムドゥン氏は25日月曜、「シオニスト政権は最近、18歳未満のパレスチナ人の逮捕を拡大しており、人権機関の報告でも、ヨルダン川西岸の各都市、特に聖地ベイトルモガッダス・エルサレムとアルハリールにおける子どもの逮捕件数が増加していることが分かっている」と語っています。

また、「シオニスト政権は今年6月に75人、7月に150人、8月に135人のパレスチナ人の子どもを収監した」と述べました。

さらに、「シオニスト政権軍は、子どもにも成人と同じ拷問を加えており、彼らに恐怖心を抱かせるためにあらゆる手段を行使している」としています。

この関係者はまた、国際機関に対し、シオニスト政権の刑務所における子どもの収監者の実態に関して必要な情報を入手し、彼らへの支援と解放に向けた措置を講じるよう求めました。

2017年09月25日22時46分
コメント