2017年11月24日18時08分
  • サウジアラビア戦闘機がイエメン各地を空爆

サウジアラビアの戦闘機が、少なくとも27回に渡りイエメン各地を空爆しました。

ファールス通信によりますと、23日木曜に行われた、この空爆での犠牲者の数は伝えられていませんが、いくつかの報告によれば、この攻撃で、住宅や公共の施設が完全に破壊されたということです。

サウジアラビアの戦闘機によるミサイル攻撃で、イエメン北西部ハッジャ州の住宅が被害を受け、これにより女の子1名が死亡しました。

サウジアラビアはアメリカ、アラブ首長国連邦など数カ国の支援を受け、2015年3月からイエメンに対する攻撃を始めました。これと同時に、サウジアラビア主導の連合軍はイエメンを陸、海、空から封鎖しています。

この攻撃で、莫大な数の民間人の死傷者が出ています。

タグ

コメント