• イスラム協力機構の緊急首脳会合
    イスラム協力機構の緊急首脳会合

OICイスラム協力機構加盟の57カ国の首脳が参加する緊急会合がトルコ・イスタンブールで開幕し、イランのローハーニー大統領がこの会議に出席しています。

ローハーニー大統領、イスラム協力機構の緊急首脳会合

 

ローハーニー大統領は、12日火曜、トルコに向けて出発する前に、記者団のインタビューを受け、「アメリカのトランプ大統領の決定は地域に新たな緊張を生み出すことになる」と語りました。

ローハーニー大統領

また、トランプ大統領の聖地ベイトルモガッダス・エルサレムへの大使館移転は違法行為だとして、「この計画は、シオニストとアメリカのイスラム世界に対する陰謀の一部だ」と語りました。

さらに、「もし、イスラム教徒が、団結を維持すれば、この決定に抵抗し、イスラム教徒とパレスチナ人に大きな勝利をもたらすことができる」と語りました。

ローハーニー大統領は、ベイトルモガッダスは、イスラム教徒、キリスト教徒、ユダヤ教徒のものであり、よそ者はシオニストだとしました。

イスラム協力機構の緊急首脳会合

 

イスラム諸国の首脳は、13日水曜、この緊急会合で、ベイトルモガッダスに関するアメリカの違法で大変危険な決定について、意見交換を行います。

 

タグ

2017年12月13日22時47分
コメント