• スラエル軍が、ガザ地区への攻撃を継続
    スラエル軍が、ガザ地区への攻撃を継続

シオニスト政権イスラエル軍のヘリコプターや戦闘機が、10回以上に渡りガザ地区各地を攻撃しました。

アルアーラムチャンネルによりますと、14日木曜未明に行われた今回の攻撃では、ガザ地区にあるパレスチナ・イスラム抵抗運動ハマスや、イスラム聖戦運動に属する2箇所の拠点が標的とされました。

パレスチナの情報筋は、13日水曜夜と14日未明のシオニスト政権軍によるガザ地区への攻撃は、この3年間で最大規模のものだったとしています。

この攻撃では、人的な被害はありませんでした。

6日以来、パレスチナ各地では、シオニスト政権軍とパレスチナ人の間で衝突が発生しています。

 

アメリカのトランプ大統領が今月6日、聖地ベイトルモガッダス・エルサレムをシオニスト政権の首都に認定した後、パレスチナ各地では、シオニスト政権軍とパレスチナ人の間で衝突が発生しています。

この数日、シオニスト政権軍は、数回に渡り、ガザ地区を攻撃しています。

 

2017年12月14日19時17分
コメント