• シオニスト政権の入植地
    シオニスト政権の入植地

シオニスト政権イスラエルの内閣が、今後20年以内に、ヨルダン川西岸で新たな住宅100万軒を建設する計画を決定しています。

IRIB通信によりますと、シオニスト政権のガラント建設大臣は24日日曜、同政権のテレビのインタビューで、「この住宅の20%から30%が聖地ベイトルモガッダス・エルサレムで建設される予定だ、としました。

ガラント大臣はまた、イスラエルが新たな入植地建設の計画を提起する目的は、聖地がイスラエルの首都として宣言されたことによるものだ」と語りました。

国連安保理は、2016年、決議の中で、パレスチナの土地におけるシオニスト政権の入植地の建設を違法なものであるとしました。

シオニスト政権はパレスチナ居住区での入植地建設の拡大により、この地域のユダヤ化を狙っています。

タグ

2017年12月25日18時09分
コメント