• パレスチナ・ガザ地区で、シオニスト政権軍によりパレスチナ人数十名が負傷
    パレスチナ・ガザ地区で、シオニスト政権軍によりパレスチナ人数十名が負傷

パレスチナ・ガザ地区の国境地帯で、シオニスト政権イスラエル軍がパレスチナ人数十名に向かって発砲し、怪我を負わせました。

IRIB通信によりますと、パレスチナ保健省のアシュラフ・アル・クドラ報道官はガザ地区において、「12日金曜に、ガザ地区の国境地帯で発生した衝突により、少なくとも41人のパレスチナ人が負傷した」と語っています。

 

 

パレスチナ各地では、昨年12月6日にアメリカのトランプ大統領が聖地ベイトルモガッダス・エルサレムをシオニスト政権の首都に認定する宣言を行って以来、パレスチナ人とシオニスト政権軍による激しい衝突が多発しています。

これらの衝突で、これまでに21人のパレスチナ人が殉教、数千人が負傷したほか、500人以上のパレスチナ人が逮捕・拘束されています。

タグ

2018年01月13日17時42分
コメント