• サウジアラビアのイエメン攻撃
    サウジアラビアのイエメン攻撃

サウジアラビアが、イエメン北西部アムラン州を攻撃し、これによりイエメン人12人が死傷しました。

アルマシーラ・テレビによりますと、サウジアラビアの戦闘機は、アムラン州の街道を攻撃しました。

また、イエメン北部サアダ州の一部を爆撃し、これによりイエメン人1名が死亡、ほか3名が負傷しています。

サウジアラビアは、アメリカやアラブ首長国連邦の支援を得て、イエメンのハーディ元大統領を政権に復帰させる目的で、2015年3月からイエメンを攻撃し、同国を完全に封鎖しています。

この攻撃で、これまでにおよそ1万3000人のイエメン市民が死亡、数万人が負傷したほか、数百万人が住む家を失っており、また同国のインフラが破壊されています。

この攻撃によりまた、イエメンは食糧や医薬品の深刻な不足に直面しています。

2018年02月07日20時59分
コメント