• エルドアン大統領
    エルドアン大統領

トルコのエルドアン大統領が、「シリア領内におけるアメリカの軍事基地の設置は、第3次世界大戦が勃発する可能性がある」としました。

ロシアのスプートニク通信によりますと、エルドアン大統領は、「シリアにあるアメリカの軍事基地の設置は、トルコをはじめとるす地域諸国にとっての問題だ」と語りました。

エルドアン大統領は、シリアの国内の20ヶ所にアメリカ軍の基地が設置されており、この措置はトルコとイランに圧力をかけることを目的としている」と述べました。

また、シリアと国境を接しない、対ISIS有志連合への参加国がシリアに軍事基地を設置しようとしているが、これは、地域での緊張の強化を意味する」としました。

アメリカとトルコの関係はこの数ヶ月、特にトルコ政府からテロリストと見なされているシリア北部のクルド人民兵をアメリカが軍事的に支援したため、悪化しています。

イラクのアバディ首相は、16日金曜、アメリカのペンス副大統領と電話会談を行い、「イラクでのアメリカ軍兵士の数を削減する計画を作成している」と述べました。

2018年03月18日15時44分
コメント