• 祖国への帰還の権利
    祖国への帰還の権利

ガザ地区東部国境で、シオニスト政権イスラエル軍の攻撃で、パレスチナ人の若者1名が殉教、およそ千人が負傷しました。

(パレスチナの情報センターによりますと、)パレスチナ人数万人が、13日金曜、「祖国への帰還の権利」と呼ばれるデモ行進の枠内で、ガザ地区の国境地帯でデモ集会を行った際、シオニスト政権軍により銃撃されました。

この中で、デモへの参加者は、ガザ地区と占領地の間の分離壁のところに高さ25メートルのパレスチナ国旗を掲げることに成功しました。

パレスチナ人による、「祖国への帰国の権利」のデモ行進が今年3月30日から始まっており、この中で、シオニスト政権軍の銃撃によりこれまでに、パレスチナ人35人が殉教し、およそ4000人が負傷しています。

タグ

2018年04月14日19時37分
コメント