• 禁止兵器
    禁止兵器

サウジアラビアが、イエメンで犯罪を続行する中、再び、同国北部で国際的に使用が禁止されている爆弾を使用しました。

メフル通信が19日木曜、イエメンのアルマシーラ・テレビの報道として伝えたところによりますと、サウジアラビア軍の戦闘機は、イエメン北部サアダ州にある空港や軍事基地などを、クラスター爆弾によって攻撃しました。

こうした中、国際人権団体、アムネスティインターナショナルは声明を発表し、サウジアラビアによるイエメン市民へのクラスター爆弾の使用停止を求めました。

さらに最近、国際人権団体ヒューマンライツ・ウォッチは、サウジアラビアによるクラスター爆弾の使用を非難し、「このような兵器の使用は、2008年に採択され、イギリスをはじめとする108カ国が署名した、クラスター弾の使用や保有、製造を全面的に禁止するオスロ条約への違反だ」と表明しました。

アメリカの支援を受けての、サウジアラビアによるイエメン攻撃は、すでに開始から3年以上が経過しており、今なお政治的な目的ではなく、イエメン人の殺害やこの国のインフラの破壊のためだけに続けられており、病気の蔓延を引き起こしています。

2018年04月19日19時37分
コメント