• イスラエル軍がパレスチナ人のデモを攻撃
    イスラエル軍がパレスチナ人のデモを攻撃

アメリカ大使館が、テルアビブからベイトルモガッダス・エルサレムに移転したのと同時に、シオニスト政権イスラエル軍の銃撃により、パレスチナ人少なくとも60人が殉教、2700人以上が負傷しました。

アメリカ政府は、14日月曜、大使館をテルアビブからベイトルモガッダスに移転しました。

 

アメリカ大使館、ベイトルモガッダス

 

これに合わせ、ベイトルモガッダス、ヨルダン川西岸、ガザ地区のパレスチナ人が、14日朝から抗議デモを行いました。

パレスチナ人の抗議デモ

 

シオニスト政権軍は、このデモに参加したパレスチナ人に対して銃撃を行いました。

イスラエル軍がパレスチナ人のデモを攻撃

 

シオニスト政権軍は、ガザ地区の国境地帯で、パレスチナ人のデモ隊に実弾を発射しました。

イスラエル軍がパレスチナ人のデモを攻撃

 

さまざまな報告によりますと、シオニスト政権軍はさらに、ガザ地区東部のパレスチナ人のデモ隊に対しても砲撃を行ったということです。

イスラエル軍の銃撃により、パレスチナ人少なくとも60人が殉教、2700人以上が負傷しました。

 

また、ガザ地区で、パレスチナ人の乳児が催涙ガスによって窒息し、殉教しました。

ガザ地区で、パレスチナ人の乳児が催涙ガスによって窒息し、殉教しました。

 

アメリカ大使館のベイトルモガッダス移転に抗議したパレスチナ人が、シオニストの残忍な攻撃を受けて殺害されたことは、世界の各国や国際機関の大きな反発を招きました。

 
2018年05月15日21時21分
コメント