2018年05月19日18時55分
  • アメリカ軍の戦闘機
    アメリカ軍の戦闘機

テロ組織ISISのメンバーらが、アメリカ軍の支援によりイラクのユーフラテス川を通過し、シリア東部デリゾール州南西部の砂漠地帯に入りました。

アラビア語のニュースサイト、アルヨウムが地元筋の話として伝えたところによりますと、アメリカ軍の戦闘機が低空飛行により、ISISのテロリストに必要な武器などの軍需物資を積載した箱を、上空から投下し、その後これらの箱は、テロリストが所有する車両に積み込まれ、デリゾールに移送されたということです。

シリア軍は最近、ユーフラテス川の東岸から西岸へと渡ろうとしたISISのメンバー2名を逮捕しており、この2人は、「デリゾール西部の砂漠にいるISISのその他のメンバーと合流し、シリア軍と戦う目的でアメリカの助けによりユーフラテス川を渡っていた」と自供しています。

こうした中、アメリカ主導の対ISIS国際有志連合軍の戦闘機がシリア各地を攻撃し、これまでにシリアの民間人数万人が死傷しています。

アサド大統領は最近、「アメリカの任務は、シリアでISISなどのタクフィール派の集団を助けることのみだ」と語りました。

タグ

コメント