• 国連人権理事会
    国連人権理事会

シオニスト政権イスラエル外務省が、最近のガザ地区の出来事に関する調査団の結成に向けた国連人権理事会の決定に強く反対しました。

メフル通信によりますと、シオニスト政権の外務省は、19日土曜、「国連人権理事会は再度、反イスラエル的な構造を持っていること示した」としています。

また、国連人権理事会の調査団の調査結果は以前から明らかになっている、と主張しています。

シオニスト政権の占領行為や、アメリカ大使館のベイトルモガッダス・エルサレムへの移転に対するパレスチナ人の抗議運動により、60人以上のパレスチナ人が殉教、3000人以上が負傷しています。

タグ

2018年05月19日20時25分
コメント