• 政治、経済、芸術分野のシオニスト政権に対する制裁の拡大
    政治、経済、芸術分野のシオニスト政権に対する制裁の拡大

パレスチナ占領地での最近の衝突や緊張により、政治、経済、芸術の分野のシオニスト政権イスラエルに対する制裁が拡大しています。

パレスチナ情報センターが、シオニスト政権のテレビ13チャンネルの報道として伝えたところによりますと、ポルトガルの国際俳優、ロドリゲス・タイゴ氏は、最近、来月パレスチナ被占領地で開催される芸術祭に出席しない意向を示しました。

これは、BDSイスラエルボイコット運動の大きな勝利と見なされます。

イスラエルボイコット運動は、パレスチナ人を支持する目的で、世界中の企業や大学、機関に、シオニスト政権やこの政権に関係する機関との活動ボイコットを呼びかけるものです。

シオニスト政権イスラエルの新聞、イェディオト・アハロノトは、「フランスのカンヌ国際映画祭で、俳優や審査員らが、5月14日にシオニスト政権軍の銃撃を受けてガザ地区で殉教したパレスチナ人のために、1分間の黙祷を捧げ、この芸術イベントは、パレスチナ人への連帯を示すための政治的な活動に変わった」としました。

さらに、「シオニスト政権は、シオニスト政権に対する制裁は法律違反ではないとしたノルウェー外務省の最近の決定に強い懸念を抱いている。これは、およそ1年半の法的な話し合いの末の、ヨーロッパ諸国によるシオニスト入植地の製品のボイコットと平行して行われている」と伝えました。

ノルウェー同業組合は、ガザ地区での最近の衝突を受け、シオニスト政権に対する制裁について断固とした決定を下しました。

2018年05月21日18時55分
コメント