• 世界ゴッツの日の行進
    世界ゴッツの日の行進

イランと世界のパレスチナを支持する人々が、世界ゴッツの日の行進を行う準備に入っています。

イスラム暦ラマザーン月最後の金曜日は、イラン・イスラム共和国の創始者ホメイニー師のイニシアチブにより、“世界ゴッツの日”と名づけられています。

ゴッツとは、ベイトルモガッダス・エルサレムの別の呼び名で、イスラム教徒の聖地です。

世界ゴッツの日の今年の行進は、6月8日にイランを初めとする世界各国で行われます。

イラン政府は声明の中で、イラン国民やさまざまな政治・社会団体、要人に対し、世界ゴッツの日の行進に大々的に参加するよう呼びかけました。

イラン外務省も声明の中で、今年の世界ゴッツの日の重要性に触れ、世界のすべてのイスラム教徒、特にイラン国民に対し、世界ゴッツの日の行進に参加することで、パレスチナの虐げられた人々を支援するよう求めました。

6日水曜夜に発表されたイラン外務省の声明では、「ラマザーン月最後の金曜日の世界ゴッツの日は、ホメイニー師の遺産であり、その発表から40年近くが経過する中で、世界におけるシオニスト政権の占領、人種差別、大量殺戮、危機や分裂を作る行動に対抗するために団結する機会になっている」とされています。

イラクの世界ゴッツの日調整委員会も、声明の中で、イラクのすべての国民に対し、今年の世界ゴッツの日の行進に大々的に参加するよう求めました。

アフガニスタンの要人やイスラム法学者も、世界ゴッツの日におけるパレスチナ人へのイスラム共同体の大規模な支持を訴えました。

2018年06月07日17時28分
コメント