• イエメンで子供を乗せたバスの攻撃
    イエメンで子供を乗せたバスの攻撃

サウジアラビア軍が、イエメン北部のサアダで、イエメン人の子供を乗せて走っていたバスをミサイルで攻撃しました。

イルナー通信によりますと、イエメンの医療筋は、9日木曜、「サウジアラビア侵略軍の戦闘機によるサアダへの爆撃で、子供を乗せたバスが攻撃され、少なくとも民間人39人が殉教、51人が負傷し、その多くが子供だった」と発表しました。

イエメンの関係筋も、イエメン・フダイダの農地に対するサウジアラビア連合軍の戦闘機による爆撃で、イエメン人2人が殉教、子供1人が負傷したことを明らかにしました。

先週にも、サウジアラビア連合軍は、フダイダの魚市場や病院を攻撃し、この中で少なくとも60人が殉教しました。

サウジアラビアは、アメリカ、アラブ首長国連邦、その他数カ国の支援を受け、2015年3月からイエメンを攻撃し、この国を陸、空、海から封鎖しています。

サウジアラビアとその同盟国によるイエメン攻撃で、これまでに1万4000人以上のイエメン人が死亡、数万人が負傷し、数百万人が住む家を失っています。

2018年08月09日19時39分
コメント