• トルコのエルドアン大統領
    トルコのエルドアン大統領

トルコのエルドアン大統領が、「トルコは、アメリカの圧力や制裁に屈しない。この問題も克服するだろう」と強調しました。

イルナー通信によりますと、エルドアン大統領は、12日日曜、トルコのトラブゾンで開催された公正発展党の会合で演説し、トルコは狡猾な政治ゲームに直面しているとし、改めてアメリカに対し、「トルコ政府は、アメリカの脅迫に断固とした回答を示す」と語りました。

さらに、「アメリカは、挑発的な行動やクーデターによってトルコ政府に対して実現できなかった事柄を、金によって行おうとしている。このような行動は経済戦争だ」と述べました。

また、「アメリカ政府は、ドルによってトルコを標的にしているが、トルコも別の方法によって、アメリカを標的にする」と語りました。

トルコの各政党の党首も、アメリカのトランプ大統領のトルコに対する行動は大きな過ちだとし、「アメリカは、このような敵対政策の継続により、地域の同盟国であるトルコを失うだろう」と強調しました。

トランプ大統領は、トルコに対する脅迫的な発言の中で、「トルコがアメリカ人の牧師を早急に釈放しなければ、全面的な制裁を行使する」と語りました。

トルコ政府は、2016年10月、ギュレン派とのつながりや、テロ、諜報活動の容疑で、このアメリカ人の牧師を拘束しました。この牧師は現在、軟禁状態にあります。

トルコ政府は、アメリカ在住のギュレン師を、2016年7月15日のトルコのクーデター未遂事件の首謀者と見なしています。

2018年08月13日18時06分
コメント