• フダイダ
    フダイダ

サウジアラビア軍の戦闘機が、イエメン西部の港湾都市フダイダ沿岸付近で漁船を攻撃し、この中で、少なくとも12人が死亡しました。

イエメンのアルマシーラ・テレビによりますと、今回行われた攻撃の規模の大きさから、それによる死傷者の数はさらに増える可能性があります。

また、別の報道によりますと、サウジアラビア軍のフダイダ州の住宅地への砲撃により、3人が死亡、10人が負傷しています。

サウジアラビアが主導するアラブ連合軍は、今年6月13日から、フダイダイ港を占領するため大規模な攻撃を開始しています。

サウジアラビアは、2015年3月からアメリカの支持を得て、アラブ首長国連邦など複数のアラブ諸国と共にイエメンを攻撃し、全面的に封鎖しています。

この攻撃により、1万4000人以上のイエメン人が死亡、数十万人が負傷し、また数百万人が難民となっています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックのページもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

 

タグ

2018年09月01日19時55分
コメント