• テロ組織モナーフェギン
    テロ組織モナーフェギン

アルメナールチャンネルのインターネットサイトが、イランの反体制テロ組織モナーフェギンがパレスチナ被占領地とサウジアラビアで訓練を受けていると伝えました。

アルメナールチャンネルによりますと、モナーフェギンのメンバーは、西側諸国の数カ国やシオニスト政権イスラエル、サウジアラビアの拠点で訓練を受けているということです。

また、このほうこくによればこのテロ組織の支部のひとつは、アメリカやシオニスト政権などのために行動しており、イランを標的として、テロを行っています。

さらに、イランの立場や政策に対抗する中で、アメリカやイスラエルの利益に基づき、彼らの監視下で、一部のペルシャ湾岸のアラブ諸国の資金により、挑発的な国際会議を開催しています。

報道によりますと、このテロ組織の一部の幹部は、西側諸国を行き来し、これらの国の情報機関の資金援助により、抗議運動を起こすことで、イランに反対する行動を取っています。

アルメナールチャンネルはまた、このテロ組織は常に、イランで破壊行為を行うため、一部の組織と協力しているとしました。

 

 

ラジオ日本語のフェイスブックのページもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

タグ

2018年09月22日17時42分
コメント