2018年09月29日14時57分
  • パレスチナ人の平和的な抗議行進
    パレスチナ人の平和的な抗議行進

シオニスト政権イスラエル軍が28日金曜、ガザ地区のパレスチナ人の平和的な抗議行進を攻撃し、これにより、少なくとも子供1人を含むパレスチナ人7人が殉教、507人が負傷しました。

アルアーラムチャンネルによりますと、パレスチナ保健省は、負傷者の中には、子供35人、女性4人、救急隊員4人、ジャーナリスト2人が含まれていると発表しました。

パレスチナの情報筋によりますと、一部の負傷者は重体だということです。

ガザ地区での祖国帰還の権利を求める平和的なデモ行進は、今年3月30日のパレスチナの土地の日から開始され、現在も続いています。

この日からこれまで、シオニスト政権軍の発砲により、この行進の中でパレスチナ人190人以上が殉教、およそ2万人が負傷しています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。 

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

タグ

コメント