• イエメン西部フダイダ州
    イエメン西部フダイダ州

国連が1日月曜、イエメン西部フダイダ州の住民55万人が、同州での戦争の激化により難民となっている、としました。

国連のグランデ・イエメン担当人道支援調整官も、最近、フダイダ州でのコレラの蔓延に関して警告を発しました。

グランデ調整官はまた、フダイダ市へのサウジ軍の攻撃により、この市の水道などのインフラ施設に大きな被害が出ている、としました。

世界保健機関も最近、フダイダイは危機的な状況にあるとしました。

サウジアラビアが主導するアラブ連合軍は、今年6月13日から、フダイダ港を占領するための大規模な攻撃を開始しています。

フダイダ港は、イエメンに人道支援を移送する主要な経路です。

サウジアラビアは、2015年3月から、アメリカのゴーサインを得て、複数のアラブ諸国による連合軍でイエメンのハーディ元大統領を復権させ、自国の政治的な目的を実現させる目的、イエメンに対し大規模な攻撃を開始しています。この攻撃により、これまでに、1万4000人以上のイエメン人が死亡、数万人が負傷し、数百万人が難民となり、同国のインフラも破壊されています。

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

タグ

2018年10月02日21時17分
コメント