• ジャマル・カショギ氏
    ジャマル・カショギ氏

トルコのエルドアン大統領が、サウジアラビアの反政府ジャーナリストのジャマル・カショギ氏がトルコのイスタンブールで失踪した事件について、事実の究明を急ぐよう強調しました。

イルナー通信によりますと、エルドアン大統領は11日木曜、改めて、カショギ氏の消息について明らかにする必要性を強調すると共に、「トルコは、カショギ氏の失踪についてすべての側面を調査しており、このジャーナリストの状況に関して沈黙することはない」と語りました。

さらに、「このジャーナリストの消息が明らかになるまで、トルコの情報・治安当局の活動は続けられる」と述べました。

また、イスタンブールのサウジアラビア領事館に監視カメラが存在しない、などということがあるだろうかと述べました。

こうした中、トルコ情報筋は、カショギ氏の失踪に関する調査において、アメリカ政府はトルコに協力するとするトランプ大統領の主張を偽りだとしました。

カショギ氏は最近、婚約者と共に結婚の手続きのためにイスタンブールのサウジアラビア領事館を訪れましたが、この建物から外に出た形跡はないということです。

サウジアラビアは、このジャーナリストは領事館の建物を出た後に行方が分からなくなったと主張していますが、トルコ政府は、目撃情報から、カショギ氏は領事館の建物から出てきていないとしています。

一部の情報筋は、カショギ氏は拷問の末に殺害されたとしています。

カショギ氏はサウジアラビア政府に拘束されることを恐れ、サウジアラビア国外で暮らしていました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

タグ

2018年10月12日19時23分
コメント