• カショギ氏
    カショギ氏

CNNが、16日火曜、トルコ当局者の話しとして、サウジアラビアの反政府ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏は、イスタンブールのサウジアラビア総領事館内で殺害された後、バラバラに切断されたと伝えました。

カタールのアルジャジーラテレビは、16日夜、トルコの消息筋の話として、「サウジアラビアの法医学専門家が、イスタンブールのサウジアラビア総領事館内で、カショギ氏の遺体をバラバラに切断した」と伝えました。

アルジャジーラテレビは、「カショギ氏の殺害に要された時間はわずか7分だった」としました。

この報道によりますと、サウジアラビアの法医学専門家は、仲間や同僚たちに、カショギ氏の遺体をバラバラにする際に音楽を聴くよう奨めたということです。

カショギ氏は、今月2日にイスタンブールのサウジアラビア総領事館に入った後、行方が分からなくなっていました。

一部のメディアは、カショギ氏は領事館内で殺害され、その遺体は外に運び出されたと伝えました。

イギリスの新聞、ガーディアンは、今月9日、「この数年のサウジアラビア情勢は、一つの明らかなモデルに従っている。ムハンマド皇太子の就任以来、サウジアラビアは、相手が誰であろうと、反対者を残酷な形で弾圧している」と報じました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

タグ

2018年10月17日17時37分
コメント