• イマーム・ホサインの聖廟
    イマーム・ホサインの聖廟

イラク南部カルバラ州のアルマヤーリ副知事が、「28日日曜の時点で、1000万人を超える巡礼者が、アルバインの追悼儀式に参加するためカルバラに到着している」としました。

アルマヤーリ副知事は28日、アルマアルーマ通信のインタビューで、「今年は、160万人を越える外国人巡礼者も、この追悼儀式に参加するためカルバラを訪れている」と語りました。

今年の10月30日は、シーア派3代目イマーム・ホサインがその忠実な教友たちと共に、約1400年前、当時のウマイヤ朝の暴君ヤズィード軍と戦って殉教したアーシューラーの出来事から40日目にあたるアルバインの日です。

毎年、世界各地から多くの巡礼者がこの日の儀式に参加するため、徒歩でイマーム・ホサインの聖廟があるカルバラの町に入ります。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

 

タグ

2018年10月29日18時51分
コメント