• イエメンをサウジ軍が攻撃
    イエメンをサウジ軍が攻撃

サウジアラビアが主導するアラブ連合軍が13日火曜、新たにイエメン西部フダイダ港を攻撃し、この中で少なくとも市民9人が死亡しました。

イエメンのサバー通信によりますと、アラブ連合軍は恐ろしい犯罪行為を繰り返す中、フダイダ州の経済・インフラ施設、住宅地などを爆撃しました。

アラブ連合軍は今年6月13日から、フダイダの人道状況の悪化に関する国際的な警告を無視し、この港湾都市の占領に向けた大規模な攻撃を開始しました。

フダイダは、イエメンに人道支援を届ける最も主要なルートです。

サウジアラビアとアラブ首長国連邦によるイエメン侵略は、2015年3月から開始され、この中でこれまでに1万数千人を超えるイエメン人が死亡、多くのインフラ施設が破壊されています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

 

 

タグ

2018年11月14日17時34分
コメント