• EUのモゲリーニ外務・安全保障政策上級代表
    EUのモゲリーニ外務・安全保障政策上級代表

EUのモゲリーニ外務・安全保障政策上級代表が、「イエメン危機の解決に向けた、数ヶ月間に及ぶイランとヨーロッパの共通の努力が功を奏した」と語りました。

IRIB通信によりますと、モゲリーニ上級代表はイエメン危機の解決を目指して今後もイランとの緊密な協力を継続するとし、「数ヶ月間にわたる協議は、プラスの効果をもたらしており、我々は今後もこれを続けていく」と述べています。

イエメンは、2015年3月からアメリカやアラブ首長国連邦の全面的な支援を受けたサウジアラビアにより、激しく攻撃されています。

この戦争で、これまでにイエメンでは1万4000人以上が志望、数万人が負傷したほか、数百万人が住む家を失っています。

イエメンはまた、この戦争により食糧や医薬品の深刻な不足、様々な病気の蔓延に瀕しています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 

タグ

2018年11月20日15時59分
コメント