• ガザ地区で、パレスチナ人多数が負傷
    ガザ地区で、パレスチナ人多数が負傷

パレスチナ・ガザ地区の封鎖解除を求める海上行進で、新たに多数のパレスチナ人がシオニスト政権イスラエル軍の銃撃により負傷しました。

パレスチナ情報センターによりますと、シオニスト政権軍が19日月曜、海上行進の開催を目的に、ガザ地区北岸に向かっていた、同地区在住のパレスチナ人数千人に対し発砲しました。

この発砲により、さらにパレスチナ人多数が負傷しています。

ガザ地区は、2006年からシオニスト政権により完全に封鎖されており、この地区の住民は多大な困難に遭遇しています。

 

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 

タグ

2018年11月20日17時53分
コメント