• イラクのアブドルマハディ首相
    イラクのアブドルマハディ首相

イラクのアブドルマハディ首相があらためて、「わが国は、イランに対するアメリカの制裁体制の一端を担うことは無い」と強調しました。

IRIB通信によりますと、アブドルマハディ首相は20日火曜、イラクはイランに対するアメリカの一方的な制裁に反対するとし、「イラクは、アメリカ政府の指示を実行することも、これに屈服することもない」と述べました。

アブドルマハディ首相はこれ以前にも、対イラン制裁への反発を示し、「イラクが、アメリカの対イラン制裁に加わることはない」と語っていました。

こうした中、EUのモゲリーニ外務安全保障政策上級代表は先週金曜、アブドルマハディ首相と電話会談し、「EUは、アメリカの対イラン制裁に対するイラクの立場を支持する」と述べました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 

 

 

タグ

2018年11月21日19時41分
コメント