2018年12月02日17時26分
  • サウジアラビア軍の戦闘機
    サウジアラビア軍の戦闘機

サウジアラビア軍が再度、イエメンを空爆し、これにより、民間人6名が死亡、他11名が負傷しました。

イルナー通信によりますと、サウジアラビアが主導するアラブ連合軍の戦闘機は、1日土曜夜、イエメン西部フダイダ州のある病院の周辺の住宅地を爆撃し、これにより、民間人3名が死亡、他女性や子供数名をを含む7名が負傷しました。

また、サウジ軍の無人機も、フダイダ港湾にある住宅4棟を攻撃し、この中で、2名が死亡、4名が負傷しました。

さらに同日夜、サウジ戦闘機のイエメン北部サアダ州への攻撃により、イエメン人1名が死亡しました。

2015年3月から始まっているイエメン戦争により、これまでにイエメンのインフラの80%以上が破壊され、同国では数万人の死傷者が出ています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 

 

タグ

コメント