• 国連総会
    国連総会

国連総会で、アメリカが提出したパレスチナイスラム抵抗運動・ハマスに対する決議草案が全体票の3分の2を獲得できず、否決されました。

イルナー通信によりますと、国連総会の6日木曜の会合で、アメリカの対ハマス決議草案は賛成86、反対58、棄権33で否決されました。

この決議草案の可決には、総会の3分の2にあたる少なくとも99の賛成票が必要でした。この草案の否決は、アメリカとシオニスト政権イスラエルの新たな敗北を意味します。

アメリカ政府は、国連総会の場でこの草案が可決され、シオニストに対抗するハマスの行動を非難する考えでした。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

2018年12月08日19時40分
コメント