• パレスチナ人の「祖国への帰還の権利」のデモ
    パレスチナ人の「祖国への帰還の権利」のデモ

パレスチナ保健省が7日金曜、ガザ地区国境で行われた最新の「祖国への帰還の権利」のデモの中で、シオニスト政権イスラエル軍の銃撃により、パレスチナ人33人が負傷したことを明らかにしました。

アルアーラムチャンネルによりますと、今回のデモは、「大規模なインティファーダ・投石」をスローガンとしていました。

「祖国への帰還の権利」を訴えるデモ行進は、今年の「土地の日」にあたる3月30日に始まり、その後毎週金曜、ガザ地区で実施されています。

このデモの開始からこれまでに、シオニスト政権軍の銃撃によりパレスチナ人247人が殉教、また2万5000人以上が負傷しています。

 

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

2018年12月08日21時04分
コメント