2018年12月10日16時43分
  • カショギ氏
    カショギ氏

CNNが、「サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏の殺害時の様子を収録した完全な音声収録テープが発見され、その収録内容からサウジアラビア政府がこの犯罪に完全に関与していることが明らかになった」と報じました。

この報道によりますと、今回発見された音声収録テープでは、サウジアラビアのムハンマド皇太子の側近2人の声が収録されているのが確認できます。

また、今年10月2日のカショギ氏殺害は、取調べの際に起こった偶発的なものではなく、あらかじめ計画、実行されたものであることが分かっています。

さらに、この音声収録から、カショギ氏殺害の方法に関して、実行犯らがサウジアラビアの政府関係者と数回にわたり、電話でやり取りしたことも判明しています。

このように、カショギ氏殺害へのムハンマド皇太子の直接の関与に関する複数の報告が発表されているにもかかわらず、トランプ大統領をはじめアメリカの政府関係者は、サウジアラビアのこの犯罪行為を非難することを控えています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 

タグ

コメント