2018年12月12日19時39分
  • シオニスト政権イスラエル軍
    シオニスト政権イスラエル軍

パレスチナ・ヨルダン川西岸で、パレスチナ人の若者1名がシオニスト政権イスラエル軍に銃撃され殉教しました。

パレスチナ・アルヤウムによりますと、27歳のパレスチナ人の若者が11日火曜、ヨルダン川西岸・アルハリール西部でシオニスト政権軍の銃撃を受け殉教しました。

パレスチナの保健省も、同日夜、ガザ地区でシオニスト政権軍の銃撃により重傷を負っていた5歳の子供が、その負傷が原因で殉教したと発表しました。

この殉教した子供は、先週金曜ガザ地区南部ハーンユーヌス東部で実施された「祖国への帰還の権利」デモの最中に、シオニスト政権軍の銃撃を受け負傷していました。

殉教した5歳の男の子

 

今年3月30日から毎金曜に定期的に行われている「祖国への帰還の権利」デモは、その都度シオニスト政権軍の攻撃にさらされています。これまでにこの中でパレスチ人247人が殉教、約2万5000人が負傷しています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 

タグ

コメント