2018年12月13日18時36分
  • ムハンマド皇太子
    ムハンマド皇太子

アメリカのニッキー・ヘイリー国連大使が辞任を前に、「サウジアラビアの反体制派ジャーナリスト、ジャマール・カショギ氏殺害の責任者は、サウジアラビアのムハンマド皇太子である」と語りました。

来年の1月1日付けで辞任が決まっているヘイリー大使は、12日水曜、NBCニュースのインタビューで、「カショギ氏殺害の責任者は、サウジアラビア政府およびムハンマド皇太子である」と述べています。

サウジアラビアがイエメン攻撃やカショギ氏殺害をめぐり、世界で強い非難にさらされる中、トランプ米大統領をはじめ同国の政府関係者は特にこの数日、サウジアラビアを擁護する姿勢を見せています。

アメリカのヘイリー国連大使

 

トランプ大統領は先月20日、声明を発表し、「ムハンマド皇太子が、カショギ氏殺害計画を事前に知らされていたとしても、アメリカはサウジアラビアのパートナーであり続ける」と述べていました。

また、アメリカとサウジアラビアの武器貿易を高く評価し、「アメリカは、サウジアラビアに対する武器売却を続行する」と発言していました。

アメリカの新聞ワシントンポストは、「アメリカとサウジアラビアの両政府は、ムハンマド皇太子の関与が否定されるように、カショギ氏殺害事件を解釈しようとしている」と報じました。

サウジアラビアの反体制派ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏は今年10月2日、トルコ・イスタンブールにあるサウジアラビア総領事館に入ったまま、行方不明となりました。

サウジアラビア政府は、事件発生から18日間沈黙を決め込み、事件への関与を否認し続けた後、ついに10月20日、国際社会の圧力に押された形で、総領事館内でカショギ氏が殺害された事実を認めました。

報道各社は、CIAの報告と論拠として提示し、カショギ氏がムハンマド皇太子個人の直接の命令により、殺害されたと報じています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 

タグ

コメント