2018年12月15日18時59分
  • アルアーラムチャンネルの記者が、報道中にイスラエル軍の銃撃により負傷
    アルアーラムチャンネルの記者が、報道中にイスラエル軍の銃撃により負傷

パレスチナ・ガザ地区東部で、シオニスト政権イスラエル軍が、報道中だったアルアーラムチャンネルの取材クルーを銃撃し、この中で記者1名が負傷しました。

 

シオニスト政権軍は、アルアーラムチャンネルの取材クルーを銃撃して、14日金曜にガザ地区で行われた、「祖国への帰還の権利」のデモの報道を止めさせようとしました。

「祖国への帰還の権利」のデモは今年、「土地の日」にあたる3月30日にガザ地区で開始され、その後金曜ごとに定期的に開催されています。

この記者は、記者であることを示す特別服を着用していましたが、銃撃され負傷しました。

シオニスト政権軍はこれ以前にも、ガザ地区で救援隊や取材クルーに向かって発砲を行っています。

紛争地や戦場で取材に当たっているジャーナリストたちは、国際的に安全を保障されており、軍隊によって標的にされてはならないとされています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント