2018年12月17日20時06分
  • カタールのアール・サーニー外相
    カタールのアール・サーニー外相

カタールのムハンマド・ビン・アブドルラフマン・アール・サーニー外相が、イランに対するアメリカの一方的な制裁を批判しました。

カタール外相は、アメリカのNBCテレビのインタビューで、アメリカの対イラン制裁に触れ、「制裁は問題の解決策とはならない」と述べました。

同外相はまた、アメリカに向かって、「イランとの協議の場に戻り、外交的な解決策を示すべきだ。なぜなら、地域は新たな緊張に耐えることができないからだ」と語りました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 

タグ

コメント