2018年12月24日20時48分
  • アメリカ軍のシリアから撤退
    アメリカ軍のシリアから撤退

来月1日付での退任が決定した、アメリカのマティス国防長官が、シリアからのアメリカ軍撤退命令書に署名しました。

CNNによりますと、マティス長官のこの命令により、アメリカ軍のシリア撤退の時期や方法が明確になったということです。

アメリカ国防総省は、アメリカ軍のシリア撤退の詳しいスケジュールについては明らかにしていません。

シリアでのアメリカの政策が頓挫したあと、トランプ大統領は今月19日に突然、およそ2000人のアメリカ軍をシリアから撤退させると表明しました。

トランプ大統領はこの決定を正当化し、「アメリカは、テロ組織ISISの打倒を目的にシリアに進出していたが、今やISISは敗北した」と述べました。

トランプ大統領のこの突然の決定は各方面からの反対を受け、マティス長官はこの決定に抗議する形で辞任を表明しました。

マティス長官が「辞任は来年2月末」と表明していた中、トランプ大統領は23日日曜、ツイッターで「来月1日付けでシャナハン国防副長官を国防長官代行に指名する」と同長官辞任の前倒しを発表しました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 

タグ

コメント