2019年02月12日21時15分
  • 米有志連合軍の戦闘機がシリア東部を爆撃
    米有志連合軍の戦闘機がシリア東部を爆撃

アメリカが主導する国際有志連合軍が、シリア東部にある難民キャンプを爆撃し、これにより、少なくとも民間人70人が死傷しました。

シリア国営サナ通信が報じたところによりますと、アメリカ主導の国際有志連合軍は12日火曜、シリア東部デリゾール州東部にある、多数のシリア人難民が生活するキャンプを攻撃しました。

有志連合軍は11日月曜にも、同じデリゾール州東部にある町を2回に渡り爆撃し、これにより民間人20人が死亡しました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese

タグ

コメント