2019年02月25日18時29分
  • ISIS
    ISIS

イラク元首相のマレキ氏が、アメリカによるテロ組織ISISの利用、そしてイラク占領において同組織を支持したことについて、新たな情報を公表しました。

マレキ氏は、「アメリカはオバマ前政権時代に、ISISに対しイラク攻撃を許可した」としました。

アメリカとイラクは2008年、両国の戦略的安全保障条約に調印しました。この協定では、アメリカは外的な脅威からイラクを守ることになっています。

マレキ氏はまた、「イラクは、テロリストがイラク占領のため集結したことに気づいていた。だが、彼らの拠点の爆撃に必要な戦闘機など、十分な量の兵器を有していなかった」とし、続けて「アメリカは、ISISが2013年8月から2014年にかけてイラクを攻撃した時期に、テロリストの拠点攻撃を目的とした、イラクへの戦闘機の提供を回避した」と語りました。

トランプ大統領は、2016年の米国大統領選挙活動の中で、「ISISはオバマ政権によって形成されたものだ」と発言していました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese

タグ

コメント