2019年03月26日19時09分
  • イエメン国民の抗議行進
    イエメン国民の抗議行進

イエメンで、首都サヌアやそのほかの各都市の数百万人の市民が、同国に対するサウジアラビア主導のアラブ連合軍の侵略開始から4周年に際し、大規模な抗議行進を行いました。

サウジアラビアは、アメリカやアラブ首長国連邦などの支援を得て、2015年3月26日からイエメンを攻撃し、完全に封鎖しています。

この戦争で、イエメンではこれまでに1万6000人以上が死亡、数万人が負傷したほか、数百万人が住む家を失っています。

サウジアラビアとその同盟国は、4年間にわたり多数の民間人を殺害し、イエメンのインフラを破壊したものの、同国民の抵抗により自らの目的達成を阻まれています。

レバノンのアルマヤーディン・テレビによりますと、イエメン国民は26日火曜未明、首都サヌアのほか、北部サアダ州、アルジャウフ州、南西部タイズ州、西部フダイダ州、ハッジャ州などの主要な広場で抗議集会を行ったということです。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント