2019年06月23日20時22分
  • 米国無人偵察機
    米国無人偵察機

トルコの国際関係専門家が、イラン領空でのイスラム革命防衛隊による米無人偵察機の撃墜により、アメリカの軍事面での優位性が疑問視されている、としました。

トルコの国際関係専門家であるアッバス・カラアガチェリ氏は23日日曜、IRIB国際放送ラジオ・トルコ語のインタビューで、アメリカの主張に基づけば、件の偵察無人機は探知捉不可能であったが、イランは国産の対空防衛システムでこの無人機を撃墜したことにより、改めて自国の対空防衛面での技術的な能力を世界に示した」と語りました。

この専門家はまた、イランは自国を防衛する権利を行使し、自国領内へのアメリカの侵犯に回答したとし、「アメリカは、イラン南部領空での偵察無人機の撃墜後、改めて、証拠なしに矛盾した表明により世界で反イラン連合を作ろうとしている」と述べました。

20日木曜未明、アメリカの無人偵察機グローバルホーク1機がはイラン南部の領空を侵犯した後、イランイスラム革命防衛隊・宇宙航行部隊により撃墜されました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント